人には相談しにくい…「切れ痔」に悩んでいる方必読

人には相談しにくい…「切れ痔」に悩んでいる方必読

切れ痔に悩んでいる人は少なくありません。

 

排便の際にいきむときに傷ついて切れ痔になるなど、何らかのキッカケで誰でも発症する可能性があります。

 

  • 排便のときお尻が痛い
  • 椅子に座っているだけでしみる
  • かゆみでむずむずすることが多い

 

などの症状が出ている方は、切れ痔の疑いがあります。

 

切れ痔になると、生活にも支障が出るので、なるべく早急に治したい病気です。専門の病院で治療を受ける方法が一番ですが、通院のヒマがない・病院に行きづらいという方々には、市販薬をおすすめします。

 

切れ痔に効く市販薬にも種類が豊富にあるため、売れ筋の医薬品についてリサーチしました。

切れ痔に効く医薬品 ランキング

No.1 ピーチラック

切れ痔に効く市販薬のおすすめランキング★

おすすめポイント!

『ピーチラック』は、切れ痔を本気で治したい方におすすめの医薬品です。「第2類医薬品」に分類されています。座薬や軟膏とは違うアプローチで、飲み薬ならではの効果があります。

 

漢方系の処方になっており、6種類の生薬を配合。長い実績を持つ「乙字湯(おつじとう)」という漢方がおだやかに効き、便秘や痔の症状に効きます

 

また、補血作用のある生薬も含まれているため、痔核や脱肛による症状を和らげる働きもあります。つまり、今出てる困った症状にアプローチしながら、切れ痔の改善をはかれます。

 

デスクワークで痔の症状に悩んでいる方、塗り薬や座薬・坐剤のみでは効果が実感できなかった方、根本的に改善したい方におすすめです。

 

ピーチラック 備考

価格 通常7,960円⇒初回3,960円(※2回目以降は6,960円)
成分 トウキ・カンゾウ・サイコ・ショウマ・オウゴン・ダイオウ
その他 漢方薬でやさしい働きが特徴です。1日2回の服用で体内から働きかけます。

公式サイトへ

No.2 ボラギノールA注入軟膏

切れ痔に効く市販薬のおすすめランキング★

おすすめポイント!

ボラギノールA注入軟膏は、痔の医薬品の中でも定番の薬です。注入タイプの軟膏で、内痔核という肛門内にできた痔、患部にまで行き届きます

 

肛門の外側にも効き目が出るため、内側も外側も効果的にケアできます。また、イボ痔の症状にも適しています。

 

肛門あたりがむずむずとかゆい、痛い、出血があるなどの症状に悩んでいる方におすすめです。

 

ボラギノールA注入軟膏 備考

価格 Amazonでは1,260円(参考価格1,944円)
成分 酢酸プレドニゾロン・リドカイン・アラントイン・ビタミンE酢酸エステルなど
その他 注入軟膏で外側・内側にも効き、1回使い切りタイプであるため衛生的。

公式サイトへ

No.3 プリザエース軟膏

切れ痔に効く市販薬のおすすめランキング★

おすすめポイント!

プリザエース軟膏は、切れ痔に効く塗り薬として評判の医薬品です。

 

切れ痔による出血、排便時にお尻を拭いたときに血が出ているなどの症状に対し、出血を止める作用があります。配合されている塩酸テトラヒドロゾリンが止血し、リドカインは痛みを抑制。

 

さらに、患部の炎症にも効き目があらわれ、総合的に外側にできた切れ痔やイボ痔の症状に幅広く効きます。気になる痛みに悩まされている方におすすめです。

 

プリザエース軟膏 備考

価格 Amazonでは798円(930円オフの価格)
成分 ヒドロコルチゾン酢酸エステル・塩酸テトラヒドロゾリン・リドカイン・i-メントール・アラントインなど
その他 出血・痛み・かゆみの症状に効く。

公式サイトへ

No.4 メンソレータムリシーナ軟膏A

切れ痔に効く市販薬のおすすめランキング★

おすすめポイント!

メンソレータムリシーナ軟膏Aは、ロート製薬が販売している第2類医薬品です。べたつかない使いやすさで、患部に塗り込むと浸透し、さらっとした使用感になっています。

 

痛みを鎮める働きがあり、痔の痛みや出血、腫れ、かゆみに効能があります。とくに女性が悩む症状に特化しており、8種の配合成分がそれぞれ有効に作用します。

 

まず、酢酸ヒドロコルチゾン酸化亜鉛i-メントールが炎症を抑えて、アミノ安息香酸エチルリドカインが痛みやかゆみを緩和し、ビタミンE誘導体が血流促進して組織の修復をはかります。

 

総合的に各症状に対し同時に働きかえるタイプのマルチな軟膏になっています。塗り薬なので座薬が苦手な人にもおすすめです。

 

メンソレータムリシーナ 備考

価格 Amazonでは838円
成分 アミノ酸安息香酸エチル・リドカイン・酢酸ヒドロコルチゾ・/酸化亜鉛など

公式サイトへ

No.5 プリザクールジェル

切れ痔に効く市販薬のおすすめランキング★

おすすめポイント!

プリザクールジェルは、大正製薬が販売する軟膏(第2類医薬品)です。痔によるかゆみや腫れの症状に効能があり、クールな使用感が特徴的です。

 

切れ痔などの痔は発症して初期症状なら治りが早いのですが、慢性化すると厄介です。長期的に薬剤を使用することになるため、体にかかる負担の問題も出てきます。とくにステロイドは危険です。

 

一方で、コチラの軟膏はステロイドを使用していません。非ステロイド性であるため、ステロイドに抵抗を感じる方におすすめです。

 

便秘や下痢でお尻に負担をかけている人、かゆみや痛みがある人に効果的な軟膏になっています。粘度の低いジェルタイプになっているため、隙間にも浸透しやすい作りになっています。

 

プリザクールジェル 備考

価格 Amazonでは654円
成分 クロルフェニラミンマレイン酸塩・i-メントール・塩酸リドカイン・塩酸テトラヒドロゾリン・ベンザルコニウム塩化物など
その他 非ステロイド系の軟膏薬

公式サイトへ

切れ痔に効く医薬品の種類や配合成分

切れ痔対応の医薬品の種類には、大まかにわけて3種類あります。

 

①軟膏、注入軟膏
軟膏は患部に塗ることで、成分が直接作用し今出ている症状を抑えることができます。通常の軟膏なら肛門の外にできた外痔核に有効ですが、内部にある内痔核は届かないので注入軟膏の方が効果的です。比較的すばやく、出ている症状を落ち着かせる効果が特徴です。
②座薬、坐剤
座薬は坐剤は肛門の内部から外、どちらにできた患部にも有効であり、1回分が使い切りになっているため衛生的です。
③飲み薬
①や②の外用薬とはまた違う角度から痔の症状に効きます。『ピーチラック』は漢方系の薬で、痔に効く生薬が使われています。痔による症状だけでなく、根本的な原因にあたる便通にも効能があります。飲み薬は今ある症状だけでなく根本的な改善になるため、治癒および再発防止にも効果が期待できます。

 

以上のように、切れ痔に効く医薬品には種類があり、いずれも市販薬が販売されています。切れ痔の自覚があっても病院に行けないという方は、まず市販薬を試してみると良いでしょう。

 

配合されている成分は医薬品によって異なりますが、主に2つの有効成分が使われている傾向にあります。

 

①ヒドロコルチゾン酢酸エステル
ステロイドの一種で、強力な効果を持っています。ステロイドにも段階がありますが、これはレベル5のうちレベル2の強さになっています。
②プレドニゾロン酢酸エステル
同じくステロイドの一種であり、もっともステロイドの中では作用が弱いものになります。

 

これらのステロイド系の他に、非ステロイドタイプの成分を使用したタイプもあります。ステロイドは体質に合わないこともありますし、15歳未満の子どもには使用することができないので注意してください。

 

小さいお子さんの切れ痔には、やさしい薬、アロエ軟膏など、刺激や負担の少ないものを使用しましょう。

 

~市販薬の使用上の注意~

市販薬はれっきとした薬です。内服薬、外用薬、どちらにしても薬であるため、副作用に注意が必要です。吐き気や下痢、腹痛、めまい、発疹などの症状が出たら、迅速に病院で診察を受けてください

 

また、市販薬を使っても効果が感じないからといって、勝手な判断で使用量を増やすなどの調整は絶対にやめてください。市販薬を使用する場合は、必ず用法用量を守ってください

切れ痔の医薬品では完全治癒しない?完治させるためには?

切れ痔に効く市販薬のおすすめランキング★切れ痔の自覚がある場合、病院で適切な治療を受けることが懸命な策ですが、どうしても行けないのなら市販薬に頼る方法もあります。

 

しかし、医薬品では完治しないという話もあります。

 

というのも、医薬品のほとんどが対症療法にあたるからです。

 

たとえば、専用の軟膏などは切れ痔の痛みや炎症、腫れ、出血といった症状を抑える効果がありますが、切れ痔自体を治すとは限りません。また、一度治ったとしても再発し、何度も繰り返すリスクがあります。

 

切れ痔を完治させ、再発を防ぐためには医薬品を使用する他に、原因を改善する必要があります。そもそも、切れ痔になる原因というのが、主に「排便トラブル」にあります。

 

便秘・下痢、どちらにしてもお尻に負担をかけるため、切れ痔になりやすいとされています。

 

まず、便秘になると、便が硬くなり排便がむずかしくなります。そのため、トイレで強くいきみますが、その際に肛門のまわりが切れて切れ痔になることがあります。

 

下痢は下痢で、便がゆるいのですが、勢いよく飛び出してしまうことで負担がかかり、切れ痔の原因になります。

 

便秘も下痢も、腸内環境が悪いという共通点があります。つまり、腸内環境を整えることが、切れ痔対策になります。いぼ痔の予防にもなるので、腸内改善をはかりましょう。

 

そのためには、乳酸菌よりも、腸内にある善玉菌を増やすオリゴ糖を摂ると効果的です。

 

また、排便のあとに使用するトイレットペーパーがお尻の負担になるケースもあります。たとえば、かためのトイレットペーパーでごしごしとこすってしまうと、皮膚に負担をかけて痔を誘発してしまいます。トイレットペーパーはやわらかいものなど、品質の良いものにするとよいでしょう。

 

切れ痔の初期段階で医薬品を使用しても効果が出ないときには早めに病院で治療を始め、同時に生活面の改善も行うようにしてください。

▲TOP